【冷え性】体の内側から体質をはかることが必要!?【和歌山市の健友館ナカヤ整体院】

冷え性ー体の内側から体質をはかることが必要です。
『万病の元』ともいわれる冷え。
原因は、血液の滞りによるものです。

血液は、全身の細胞に酸素や栄養をはこんでいるので血行不良がさまざまな不調をひきおこします。
西洋医学医学では、冷え性は治療対象にならないといいますが、
東洋医学では『冷え性』が病気になりうる症状として、病気予防のために治療にあたります。

冷え性は手足を外から暖めるだけでなく,体の内側から体質えいますがをはかることが必要です。
昔から【冷えは万病のもと】といわれていますが、冷えはさまざまな引き起こしたり、
持病を悪化させたりすると言われています。

冷え性を回復するには、体を内側から温める『たいけい』というツボを押すことにより
腎の機能を高めて血液の流れをスムーズにします。

また特に足の冷えが強い時には、『たいと』というツボが効果的であると思います。
体力を補い体全体の血流を良くするツボは下腹部にも多く集まっています。
『丹田』を中心をしたツボ・暖めることにより【冷え性】の回復が見込めると私の体験から考えられます。

関連記事

  1. 低体温の人が増加している!?【和歌山市の健友館ナカヤ整体院】…

  2. その日の疲れはその日のうちに解消!!【和歌山市の健友館ナカヤ…

  3. 疲れやすい・・日常の生活習慣に影響か!?【和歌山市の健友館ナ…