股関節痛

股関節に痛みがあると無意識のうちに痛みを避けて
関節を動かさないようになるため、
関節は、次第に硬くなっていきます。

その結果、階段の上り下りや正座が出来なくなるなど、
日常の生活に不都合が生じるようになります。

股関節痛の8割以上は、変形性股関節症が原因と言われています。

変形性股関節症は、関節のクッションとしての役割を担い、
滑りをよくしている関節軟骨がなんらかの原因で傷つき、
すり減ったために起こる症状です。

軟骨そのものには神経がないため、すり減ることによる痛みはありませんが、

それによって股関節にズレが生じ筋肉が縮小して、
神経が圧迫され痛みとして知覚されます。

これが股関節痛です。

股関節痛には大きく2つに分かれます。

まず、スポーツや事故など外圧で股関節がダメージに加わったもの。

もう一つは、【先天性股関節脱臼】等が原因の変形性股関節症で、

年を取るにつれて症状が出始め進行すると歩行も困難になり
患者様は若い時から将来に暗い不安が付きまといます。

この場合、整体術で痛みを取り除き関節の状態を良好に保つことで
手術しないでも出来る限り症状の悪化を伏せくことが可能です。

変形性股関節の場合は、
できれば手術を避けたいと考えている方が多くいらっしゃいます。

整体術は、手術をしない、
保存的治療に多く役立つので今現在、注目されています。

手術を避けたいと考えている人は、一度、お気軽にご相談下さい。

ホットペッパービューティ予約