低体温の人が増加している!?【和歌山市の健友館ナカヤ整体院】

冷えを感じる生活習慣ー低体温の人が増加!!


最近、低体温の方が増えているといわれています。
低体温とは、一般に平熱35C台以下の人と言われ、
子供3割・高齢者4割もの方が該当するといいます。

体温が1C下がると統計上免疫力は30パーセント・基礎代謝は12パーセント低下し、
心臓疾患などのリスクは2倍になる!!
もっと危険といわれていることは、手足は暖かいのに体温だけが低い
【隠れ低体温】の人で自覚していない方が多くみられるといいます。
もし貴方の平熱が36C以下であれば、ご注意下さい。

体温は血液の環境によってたもたれていますので血行をよくするのが近道のため、
マッサージなどが私の体験により大切なことではないかと思います。
そして、体の中の熱量を増やすための工夫するために、
ウオーキング等において筋肉のが減らないように気をつけ、
食生活においても体の温める食事を心がけることが必要であると考えます。

特に足裏・足の甲には全身の血流を促すツボが多く分布していますので
湧泉(ゆうせん)等のツボを入念にマツサージしましょう!!

関連記事

  1. その日の疲れはその日のうちに解消!!【和歌山市の健友館ナカヤ…

  2. 【冷え性】体の内側から体質をはかることが必要!?【和歌山市の…

  3. 疲れやすい・・日常の生活習慣に影響か!?【和歌山市の健友館ナ…